前へ
次へ

低金利の今こそ不動産投資がお得とされる

金利が低い時は銀行に定期預金を預けてもほとんどお金は増えません。
一部ネット銀行などで都市銀行よりも高い金利をつけているものもありますが、それでも大きく増やせるほどではありません。
景気があまりよくないときはどんどんお金を借りて使ってもらおうと金利を下げる政策などが行われていますが、日本は長らくゼロ金利など低金利政策が行われています。
株式市場などは適度に上昇していながらも、なかなか金利は上がろうとしていないのが現状です。
そこで注目されているのが不動産投資になるでしょう。
通常低金利の時はなかなか資産を増やせませんが不動産に関しては例外と言えそうです。
それは投資をするに当たって先に資産を買わなければならず、そのために銀行ローンなど借入を行う為でしょう。
借入をするときにはコストとして利息を払う必要がありますが、低金利なのであまり利息を払う必要がありません。
賃料収入は金利が低いから低くなるわけではないので、コストが下がる分お得になります。

Page Top