前へ
次へ

不動産投資の一つの形としてのマンション経営

不動産投資の一つの形としてマンション経営を好む人たちがいます。
それは一体なぜなのでしょうか。
購入するエリアの特徴さえつかんでおけば、需要に事欠きませんので、マンション建設後に安定した収入を得られるからです。
都心の一等地は、当たり前ですが、地価が跳ね上がります。
ですが資金がある場合には、都心の一等地がベストです。
それには理由があります。
都心の一等地であれば、マンションを建設した後に、すぐにお部屋が入居者で埋まるからです。
これがもし地方の片田舎だったとしたらどうでしょうか。
いくら立派な住み心地の良いマンションを建設することができたとしても、そこに入居する人の数は少ないでしょう。
都心のマンションは違います。
多少作りが悪いとしても、 さらに専有面積が多少狭いとしても、その便利さゆえに、すぐに入居者で埋まってしまいます。
マンション経営では、お部屋が常に入居者で埋まっているということが、一番大切な条件となります。
もしも入居者がいない時期があるとすれば、当たり前ですが、その時期には収入が全くないということになります。
不動産投資の花形がマンション経営です。

Page Top