前へ
次へ

教育の在り方は、ゲームに存在するかも

教育の在り方は、叱って教えるべきか、褒めて教えるべきか、など人によって価値感もそれぞれ違い、難しい話でもあるでしょう。子供が遊ぶゲーム、勉強に悪い影響を与える内容だと切り捨てて考えがちですが、なぜ、ゲームには夢中になる要素があるのかと思えたことはないでしょうか。勉強は、暗記などをして覚える必要性がありますが、ゲームの多くは、必死で暗記をせずとも内容について直ぐに覚えてしまいます。本来の意味での教育のあり方は、そのヒントがゲームに隠されてる可能性もあり、これを勉強に置き換えれば力を発揮してくれるかもしれません。

全国どこの橋梁・壁の見た目をきれいにします
見た目以外にも橋の強度を保てるよう、丁寧な補修を行います。

お客様のお困りごとに最大限対応した製品づくりをします

部品に傷や反りがないかを素早く判断します
センサーを使用し、部品に異常がないかを正確に判断可能です。

精密加工機なら製造ラインの作業時間短縮にも貢献できます

ゲームの多くは、目的があり、目的が達成した時に強い快感が生じます。割と直ぐに達成できる短い目的も数多くあり、勉強よりも強い達成感を感じやすくあるのです。人の脳は、成長意欲も持ち合わせており、成長する満足感が現れる場合もあります。日本の教育は、子供達、個人が感じる目的意識も弱く、教科書に沿って、そのまま授業を始められる姿も多いのではないでしょうか。ゲームには、動く要素が数多くあり、人は動く内容に興奮を感じやすくまあるのです。動く要素は、自分自身に危害を与える可能性があり、注意を向ける働きが強くなります。人気のある先生は、体を大きく動かす姿も多くあり、子供達をゲームの様に興奮させる事に長けている先生もいるのです。子供達がゲームに夢中になる話の中には、子供達同士で、そのゲームについて話し合う姿などもあるのではないでしょうか。日本の勉強は、それについて子供達同士で話し合う姿がほとんどなく、学んだ者に対して価値が見いだせず、興味を失わさせる原因にもなるはずです。子供の教育は、教える側の先生も含め、環境が最も大切であり、個人の学力は、個人の問題ではありません。先生方の世界は、閉鎖された環境でもあり、与えられた方法によって指導していく姿も現れやすくなります。現場全体が、意識改革も必要であり、ゲームを参考にする時期にあるのではないでしょうか。

Page Top